貢献している社員

Q

給与体系が、貢献している社員に分配されていないように思います。

基本給 役職手当 時間外 月計 年賞与 年収
X係長(56歳) 300,000 10,000 90,000 400,000 基本給3ヵ月 570万円
Y課長(38歳) 250,000 70,000 0 320,000 基本給4ヵ月 484万円
例えば、X係長は父の代から勤めてくれています。残業は厭わないのですが、自分から改善提案をすることはなく、改革にも非協力的です。
Y課長は若手の最有望株です。X係長とY課長の給料は本当は逆にしたいと思っています。

A基本給は、勤続年数に応じて上がり続けるのですね。確かに、長期勤続を奨励するため、基本給の昇給は必要です。

しかし、肝心なのは程度です。

この給与体系の問題は、基本給にあります。ズバリ実在賃金の首都圏版によると、50歳男子一般社員の基本給の相場は、273,000円です。

一方、40歳管理職の基本給の相場は、326,000円です。

Qやっぱり。でも、基本給は簡単にはいじれないですよね?

Aはい。ですから、まずは賞与について考えていきましょう。

賞与を基本給の何か月分という決め方をする会社は多いのですが、貴社の場合は、結果として年功序列が行き過ぎてしまいます。そこで、基本給の影響を限定するため、賞与計算用の上限を設定します。

例えば、賞与計算のときだけ基本給の上限を25万円とみなすのです。そして、課長以上の管理職には、役職手当も基本給に加算します。それだけで、次のようなバランスになります。

基本給 役職手当 時間外 月計 年賞与 年収
X係長(56歳) 300,000 10,000 90,000 400,000 75万円 555万円
Y課長(38歳) 250,000 70,000 0 320,000 128万円 512万円

 

そして、基本給そのものについては、社員の皆さんの賃金診断をさせていただいたうえで、提案を考えさせていただけますか。

初回相談無料ご予約 048-240-1002受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。