新時代の賞与セミナー

新時代の賞与セミナー
時給で働くアルバイトが「社員には賞与があるのにアルバイトに賞与がないのは違法」と勤務先を訴えました。すると高裁は勤務先に対して社員の6割の賞与など109万円を払えと判決、世に衝撃を与えました。

昭和、平成と当然だった「パート・アルバイトに賞与はない」という扱いは、今後争われれば会社が負けます。しかし、社員の賞与の6割は言い過ぎだと講師は考えます。

経営、法律、人の心のバランスが取れた新・賞与制度で会社を守りませんか。

おもな内容

1 いつの間にか日本を変えた「同一労働・同一賃金」

  • アルバイトの主張がどうして裁判所や役所で認められるのか
  • 厚労省は予算1,000億円をかけてパート・アルバイトに「不合理な待遇差」をうったえかけ始めた
  • 弁護士・ユニオンも全国2,000万人パート・アルバイトに闘争支援

2 新・賞与制度ここがポイント

  • 賞与の性質は社長の頭の中にある
  • 「基本給の○か月分」という基準のメリット・デメリット
  • 社員とパート・アルバイトとの賞与バランスはどのくらいであるべきか
  • リクツで防衛しない丸腰の会社が「6割支払命令」の悲劇にあう
  • 会社を守る賞与制度の作り方
  • 賞与の次に狙われやすいものも守ろう
開催日 4月18日(金)15:00~16:30
会場 川口リリア11階(川口市川口3丁目1−1)
講師 時枝慎一郎(ポルテー経営法務代表)
受講料 15,000円(2人目 8,000円)

 

下記フォームからお申し込みいただくか、印刷してFAXにてお申込みください。

右上の「ポップアウト」アイコンをクリックすると別ウィンドウが開き、印刷が可能になります。

参加お申込みフォーム

新時代の賞与セミナー 2019年4月18日(金)15:30~16:00

必須会社名
必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須電話番号
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
任意ご質問などありましたらご記入ください。

スパムメール防止のため、こちらのチェックボックスにチェックを入れてから送信してください。

Follow me!