ポルテーの就業規則

時枝慎一郎の新著「就業規則の見直しと運用の実務」

労働者は、法律で守られている

労働者は、労働基準法に守られています。

そして、労働基準監督署は労働者の権利を守ります。

労働者が会社を訴えれば、裁判所は労働者有利の判決を出します。「法律も役所も労働者の味方」なのです。

会社を守るのは、就業規則だけ

たったひとつ、会社を守るものが就業規則です。

就業規則は会社で決めることができる、唯一の法律文書です。

就業規則を社員に公開していれば、「読んだことがない」「知らない」という社員にも法的拘束力が及びます。

労働基準監督署や裁判所にも「就業規則どおりの手続きをしております」と言えれば、重んじてもらえます。

残念な就業規則の例

問題社員についてのご相談をお受けするとき、私どもが必ず見せていただくのが、会社の就業規則です。ところが、「会社を守る就業規則」になっていないこともよくあります。よく見るのは、次のようなものです。

  • 職場の実態、会社特有の事情、財務事情が反映されていない
  • 現在の法律に対応していない
  • 就業規則なのに、会社の義務がたくさん書いてある
  • 労働者有利な表現が目立たないように埋め込まれている
  • リーマン・ショックのような経済情勢の激変を想定していない

こうした就業規則をそのままにしていますと、いざ社員との問題が起きたとき会社を守る効果を認めてもらえず、会社は丸腰のままやられてしまいます。

「鉄壁の就業規則」に仕立て直す

ポルテー経営法務は、会社が裁判に巻き込まれた事例も見てきました。

そこで、会社の労務管理に対して労働側弁護士がどのように攻撃してくるか、裁判官はどのような点に注目するかといった生の事例を多く見てまいりました。

そうした経験から、「就業規則はこうでなくてはならない!」という身を切るような思いがあります。グローブやスパイクを選ぶとき、自分に合ったものを選ぶことで自分の体をケガから守ってくれます。

貴社の業種・ご事情に合った、貴社を守る鉄壁の就業規則を作成します。

良い就業規則は、労務トラブルに対応する時間・人手・解決金など、会社のコストを最小限に抑えます。

初回相談無料ご予約 048-240-1002受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。