就業規則の制定・改訂

就業規則は、経営にとってなぜ、どのように重要なのでしょうか。
「就業規則は『会社の憲法』だから重要」なのでは決してありません。

就業規則は、従業員ひとりひとりと個別に同意を取ることなく、従業員に求める服務規律や、従業員に対する給与、賞与、退職金といった重要な労働条件について、会社と従業員とが合意した内容として法律上扱われるからに他なりません。

つまり、就業規則は、会社命令に法的根拠を与えるから、そして、従業員に対して給与や退職金に関する『手形』をきるのと同じ法的効果があるからこそ重要なのです。

従業員とのトラブルをきっかけに、自社就業規則を読み直してその内容に後悔する企業は少なくありません。そうした企業はかつて「就業規則は役所や取引先のひな型を見せてもらって、自社向けにちょっと手直しすればいい。」と考えて作成したため、従業員への命令権が欠けていたり、約束できない内容の支払を規定してあったりしたからです。

就業規則は、企業の指揮命令権と人件費債務を規定する法律文書です。企業にとってこうした最高クラスの法律文書こそ、「タダより高いものはない」のです。

当法人では、企業の経営戦略・人事戦略との整合性に最大限の注意を払いつつ、従業員とどのような約束(=契約)をするのがその企業のためになるかをご一緒に考えたうえで、就業規則の内容をご提案させていただきます。

もちろん、最新の裁判例や実際のトラブル事例から得た法的教訓をふまえ、その企業を守るという目的に徹した就業規則をご提案します。

貴社は、事業展開に伴う人員配置や従業員とのトラブル時に、就業規則に基づいた説明を従業員に対して自信を持って理路整然と説くことができるようになります。