裁判のハードルは労働審判制度によりぐっと下がった

img 平成18年の労働審判法施行により、今までは解決までに数年がかりだった労働に関する裁判は、原則として数か月で解決するようになりました。このことは、従業員が会社を相手に裁判を起こすのに必要な金銭的負担が減り、裁判のハードルが低くなったということです。従業員の意識も社会環境も10年前とは大きく異なっていることを、経営者も幹部社員も認識する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成

Follow me!